• [Whisp] 彼女と一緒の帰り道~浦戸茅里~

    価格:756円

    [Whisp] 彼女と一緒の帰り道~浦戸茅里~
    「……手、繋いでもいい?
     兄さんが前に来た時は普通にそうしてたなぁって、ふと思い出したから」
    田舎の親戚の家へ来たあなたは、
    従兄の茅里と二人きりになります。
    彼女の大人しそうな雰囲気もあってか、
    これまであまり会話を交わすことがなかったあなたと茅里でしたが、
    軽い会話からの流れで、二人で外を散歩することに。
    「話したかったんだよ、本当は。
     でもね……なんか話しかけられなかった。子どもだったのかな……」
    田舎の道を手を繋ぎながらの散歩。
    少しずつ会話がはずんでいきますが、途中で茅里は靴擦れしてしまいす。
    「おめかしした甲斐があった……なんて言ったら兄さんに悪いね。
     だって、靴擦れしなかったら、こんなふうにはなってなかったし」
    あなたの背中におんぶされ、
    茅里はだんだんと積極的な言葉を口にし始めます。
    そして、家についてからも茅里の積極性は増していき、
    あなたの泊まる部屋でイチャイチャしてくるのでした。