• [Hラボ] ショクシュモンスター「植物ショクモン・オニウツボ」

    価格:756円

    [Hラボ] ショクシュモンスター「植物ショクモン・オニウツボ」

    性玩具として高額で取引きされる触手モンスター「ショクモン」
    ショクモン専門のハンター・ハズキが豊満エロボディを武器に
    体を張って伝説級ショクモン「オニウツボ」をゲットするまでのお話
    パートナーである、デンキウナギショクモン「ウナ」とのラブラブ大量膣出し、潮吹きセックス
    オニウツボのポッド内に拘束されて、触手攻め放尿潮吹きからの極太触手チ○ポで大量膣出し、潮吹きセックス
    CGノベル全31ページ
    ・ロり顔ムチムチのボディスーツ女子が発情した触手モンスターと本気セックス
    ・潮吹き!放尿!大量中だし!ヌキどころいっぱい!
    ・強気な女子がエッチな体液を垂れ流し触手モンスターの責めに感じまくります!
    ・擬音(オノマトペ)あり・なしの2パターン収録!
    ・サクッとヌキたい方にオススメ!
    (あらすじ)
    人間の精気を糧とする触手モンスター略して「ショクモン」。
    彼らは人間に性的な快感を与えて精気を摂取する特性を持ち、
    生きた性玩具として高値で売買されていた。
    特に希少な種は、世界中の富豪や収集家の間で人気があり、
    高額な懸賞金がかけられていた。
    本編の主人公ハズキは、もちまえのグラマーボディーを武器に、
    希少な触手モンスターを狩る、ショクモンハンターである。
    パートナーのデンキウナギショクモン「ウナ」を連れ、
    今日もお宝ショクモンを求めて旅をしていた。
    今回のハズキのターゲットは植物ショクモンの「オニウツボ」。
    人間を丸々飲み込める大きさの巨大ポッドをあご下に備え、
    触手状の舌で捉えた人間をポッド内に閉じ込め、精気を搾取する。
    捉えられた人間は、触手先端から分泌される媚薬フェロモンにより体の力が入らなくなり、抵抗できないまま性的な刺激を受け続けることになる。
    野生の「オニウツボ」は最終的に人間を捕食してしまい危険であるが、
    調教された「オニウツボ」は、全身を包まれるような快感を得られることから、
    精玩具として大変人気のあるショクモンとなっていた。