• [18禁音声サークル「凌辱」] バトルファックコロッセオ~女商人の冒険の書は消えました~

    価格:540円

    [18禁音声サークル「凌辱」] バトルファックコロッセオ~女商人の冒険の書は消えました~
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    バトルファックコロッセオ~女商人の冒険の書は消えました~
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    レトン。魔王軍に滅ぼされた街。
    私は一時期商人として勇者と一緒に冒険をしたが、この街の復興を任されて以来、ずっと町長として頑張ってきた。
    私は町長として、職を求めて集まってくる女たちに仕事を任せ、出来高の給与を与え、一定の税金をかけて働かせた。
    我ながら、住みやすい町になっていたと思う。
    自画自賛だけど、女性が仕事を持てて、防具が売れるほど街は潤う。
    「レトンの街に行けば、生活には困らない。平和で、職があり、街も大きくなっている」。
    そんな評判に満足していた私は、逆恨みされていることに気づくのが遅れた。
    女たちが安定する一方で、男の出る幕は減っていた。
    キャタピーの繭の採取までが仕事で、安価で女の雑用を受けるしか、生きる道がない。
    街の護衛をかって出る男たちはいたが、大した魔物も撃退できず、女たちに威張り散らすような男たちはさっさと解雇した。
    解雇された男たちは、街の陰に隠れるようにマフィアのような真似事を始め、いつの間にか闘技場のようなものまで造ろうとしていたのだ。
    平和な街に物騒なものを造られてはたまらない。
    私は町長として、闘技場を視察に訪れた。
    そのタイミングで、罠にはめられた。
    闘技場の真ん中に、立たされてしまったのだ。
    闘う側の人間として。
    相手は、私にレトンの復興を依頼した、木こりの男だった。
    男は私に町長の座を賭けて戦えと言ってきた。
    バカだ。
    こんな形で町長の座を奪った男に、何処の誰がついて行くと思っているんだ。
    思い知らせてやる。
    私は男の提案を受けることにした。> 本編SE有無x2+ 合計:約37分
    01.プロローグ
    02.前戯+フェラ
    03.Hシーン
    04.エピローグ Aver.
    05.エピローグ Bver.
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆>
    seizann>
    矢車草> 
    緒田マリ>
    Music is VFR>
    同人サークル「凌辱」
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆