• [村夫子] 湯ノ花の香

    価格:432円

    [村夫子] 湯ノ花の香
    日頃の疲れを癒やすためにひとりで来た温泉旅館。
    深夜貸し切り状態の露天風呂にのんびり浸かっていると女性がひとり入ってきた。
    俺は慌てて出ようとすると彼女は優しく「ご一緒しましょう」と言った。
    その彼女の薬指には光るモノがあった。
    「ご家族で旅行ですか?」と尋ねると
    「主人とふたりで、でもここまで来るのに疲れたのでしょうね、もう寝てしまいました」
    彼女の熟れた肢体を見て俺の息子はグングン反り上がってくる。
    「うわわっっっっ!」
    突然彼女は俺の肉棒を手でしごいてきた……
    「うふふ、私でこんなにしてくれたんですか……?」
    濃密な夜が始まった瞬間だった。
    仕様
    漫画本編20P
    陰毛有無差分あり
    単ページ仕様、見開き仕様同梱
    おまけイラスト一枚(差分あり)同梱
    画像サイズ:1008×1426(単ページ)
    PDF版同梱