• [江戸川工房] 筆おろしの相手はおっ母だった

    価格:648円

    [江戸川工房] 筆おろしの相手はおっ母だった
    そこは、ごく平凡な田舎の村に見えた。
    なんの変哲もない平和な村。
    たがそこは現代日本では考えられない貞操観念を持つ村だった…。
    そして次の満月の夜、古より続く風習「お手入れの儀」が行われる。
    それは精通や初潮を迎えた未経験者達を集め
    年長者達が性の手ほどきを行う乱交の儀式だ。
    「あー、早く満月来ねえかなー。さっさと童貞なんか捨ててえべ」
    「んだなぁ、いろんな女子とハメまくりてえー!」
    それを経て初めて大人と認められる
    儀式を前に友人達は浮かれていた。
    だがオラは…
    オラが本当にハメてえ相手は…。
    ※以前発売した「寝取り村」の番外編です。
    続編ではありませんので本編のみでお読みいただけます。