• [蹄鉄騎士団] 淫惑の血

    価格:756円

    [蹄鉄騎士団] 淫惑の血
    この作品は、種族存命のため男たちを狩るエロフたちをテーマにしたオリジナルCG集です。
    基本16枚+差分16枚 計32枚を台詞の有無で二種 総数64枚収録しております。
    ?背景設定?
    とある異世界にエロフという種族が存在した。
    その内包する膨大な魔力や外存する精霊たちとの干渉力により様々な魔法を操り、
    身体能力も高く見目も美しく寿命も長い。
    種族としての格は追随を許さず、まさしく完成された種族と称された。
    だがしかしその至高たる存在も目標たる存在が居ないためか、それとも長い寿命ゆえか
    生存本能が希薄となり徐々にではあるがその数は他の種族に比べ劣っていった。
    多くのときが流れ、その数の劣勢が顕著となったとき争いは勃発した。
    主としての格は大きく劣ってはいるが繁殖能力にたけ、あらゆる欲求に貪欲な人間が至高たる種族エロフに反旗を翻したのだ。
    「エロフは俺の嫁(婿)!」
    エロフたちが単騎で千いや万駆逐しようが人間たちは狂気をまとい奮戦した。
    数の劣勢は覆せず百年の争いの末、ついにエロフたちは敗北を悟り終戦を迎える。
    あるものはその容姿の優秀さゆえ人間たちの慰め者となり、またあるものは辺境へと逃げ隠れた。
    時が流れ、エロフの存在自体人間たちにとって眉唾な噂レベルにまでおちた時代、エロフという種族はわずかではあるが存在した。
    とはいえ遺伝的劣勢によりオスは絶滅し存在せずメスだけの歪な形での存在であった。
    過去の敗戦の記憶を強く受け継いでいる彼女たちは病的なまでに自らの存在を秘匿し、他種族のオスを拉致して交配し種族を存命させてきた。
    皮肉にもエロフの天敵である人間が相性がよく受胎確率が高いことが判明し、否応なく狩りの対象となっていた。隠密に。
    そして、隠れ里の長の命により二人の姉妹が狩りへと旅立つ。
    寂れた海岸へ、消えても大して騒がれない男たちを求めて・・・